ガコモカホビーズ!!

見たもの遊んだものの感想の他、日常のあれこれがテーマのブログ。読者登録してくれると励みになります。

オクトパストラベラー一時リタイアとその言い訳

どうも、ねきろむです。

 

はてなブログに移行して最初のゲーム記事です。

最初の記事にしては明るい話題でないのが残念ですが。

 

これからするのは、自分がオクトパストラベラーをリタイアした言い訳です。

聞き苦しいとは思いますがどうぞお付き合いを・・・・

 

 

f:id:nekirom842:20180824020354j:plain

大前提として、自分はオクトパストラベラーは大好きです。

でも当分は新作ゲームに埋もれてしまうので一時売却。落ち着いたころに買い戻そうと思ってます。

 

平成最後の年に出た古き良きJRPGの体現、Tokyo RPG Factoryが無しえなかった

『取り戻そう、僕らのRPG』というのを見事にやってのけた作品だと思います。

 

FFのような懐かしさと最近技術で表現する奥行きのある2Dフィールドは他に類を見ない素晴らしさだと思います。ぜひ続編が出てほしいぐらいに名作だと思う。

 

そこまでの魅力を感じながらなんでクリアできなかったのか。

 

 

 

  • 戦闘がワンパターン
  • 4章までぬぐえない既視感
  • 戦闘のテンポが悪い

この3つが原因でした。

 

 

 

戦闘がワンパターン

大体どのRPGもワンパターンなような気がしますがそこを最近のRPGはオートモードや倍速モードで作業時間を短縮するものです。

しかし残念ながらオクトパストラベラーには倍速モードもオートモードもありません。古き良きものを連想させるうえで昔はなかったものを付け足すのは邪道なのかもしれませんがレベリングに時間を割きたくないユーザーにとっては苦行です。

 

特にオクトパストラベラーでワンパターンに感じたのはボス戦です。

的にはガード値というものがあり、弱点く劇を当てるたびに減って0になるとブレイク。ペルソナでいうならスタン状態になり攻撃がぐっと通りやすくなります。これはオクトパストラベラーにおける戦闘の基礎なのですが、これがボス戦になるとどうなるか。

 

ブレイクから回復するたびにガード値が増えていきます。

増えたガード値を削って大魔法。

増えたガード値を削って大魔法。

たまに回復。

増えたガード値を削って大魔法。

撃破。

 

大体の戦闘の流れはこれだけです。

昔はこれでよかったかもしれないけど今にしてみればあまりに普通すぎないかと。

 

ちなみに通常戦闘はBPフル解放して大魔法打てば終わりです。

通常戦闘はいいんだけどボス戦は雑魚がただ硬いだけみたいなのは退屈に感じた。

 

 

4章までぬぐえない既視感

自分は4章に入ったところで止めているのですが毎回章を終えると次の章をクリアするための推奨レベルが跳ね上がります。推奨レベルが目に見えてしまうのも次のハードルの高さがあらかじめから見えてる感じがして残念。

そして3章までやったところで思ったのは、『何回同じ町に入らせるねん!!』です。

別のキャラクターでクリアした街、次の章を別の町でクリアして他のキャラを進めようと思ったら依然訪れた街が話の舞台になることは3章までは必ずあります。

 

ファストトラベルで一度訪れまた町はマップからワープできるのでそれはいいです。

一番残念だったのは、1回目に訪れたときにフィールドコマンドを使いつくしてると2回目以降訪れたときにその街の散策要素が無いこと。

 

サイラス先生で聞き込みを終え、テリオンで盗みつくし、オルベリクで殴り倒した街にもう一度来るとフィールドコマンドは使用済みなので新しい発見がありません。

 

これはすごく残念でした。

新しい街で新しい武器を見るのが楽しみな自分にとって同じ町を何度も巡回するのは非常に退屈です。

 

ちなみに4章からはそれぞれ新しい町らしいです。

 

 

 

戦闘がのテンポが悪い

自分が似たようなUIのゲームで思い出すのはブレイブリーデフォルトです。

正直ブレイブリーデフォルトもステータスをカンストさせるとやることは同じなのですが決定的に違うのは戦闘の倍速モード、オートモードです。

古き良きと言われてもそれを求める世代はとっくに大人で、昔のようにレベル上げ避ける時間はそんなにないのです。ましてや色んなゲームを遊びたいとなるとRPGは選択肢から外れていきます。しかし戦闘の高速モードがあるだけで戦闘の速度やテンポは変わります。レベリングに割く時間が短くなればなるほど最後までやろうという意欲がわくことでしょう。

 

特に最初に挙げたように、後半は戦闘のパターンが決まってるので等速で何度もその先頭をやらされるのは苦行です。

 

大げさではなく、倍速モードがあれば自分は最後までモチベが保てたかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

どうでしょう。

以上がその理由になるわけですが共感はせずともなんとなくわかってもらえたでしょうか。

 

こんなことを思いながら、愛で乗り切るよりは。

やりたくなった時にそのモチベで乗り越えるほうが楽しさは大きいと思うので今回は新しいゲームの資金になってもらう事にしました。

 

 

念押ししますが決して自分はこのゲームが嫌いじゃありませんし、むしろ大好きです。

大好きだから今の気持ちのまま

 

クリアしたくないのです。