ガコモカホビーズ!!

見たもの遊んだものの感想の他、日常のあれこれがテーマのブログ。読者登録してくれると励みになります。

名言は経験値が無いと出てこない

どうも、ねきろむです。

今回は正直書いてる自分が「え、お前がそんなこと言う?」と思ってしまった内容ですが自分なりに考えて非常に腑に落ちたので文字として残してみようと思いました。

 

 

 

 

 

 

平成最後といろんな話題で盛り上がる一方

だからどうしたというドライな人たちもいるわけですが、年号をまたぐなんてことはそう滅多にないわけですから自分は前者に乗っかりたいです。

 

それに向けた記事も少し作っていこうと思います。あくまで自己満足のために。というかその前に卒業制作です。

 

自分が卒業で思い出すのは高校ですね。

自分の高校は体育学科があるので体育の教員が通常の高校より多く、県内はもちろん全国でも有名な方々という事で人間としてもアスリートとしても膨大な経験値を持つ人が多いです。

 

体育学科の集会で必ず話をしてくださった先生がおられるのですが、いつもその先生の言葉が胸に刺さります。中でも自分の行動に大きく影響があった言葉は

 

現状維持は後退と同じ

 

成功はもちろん失敗も経験も変化であり何もせず変化しないのは後退しているのと同じ。という事だそうです。

 

これまで失敗を避けてきた自分は人間関係においては特にしり込みしていたあまり高校の友達はいないに等しい状態です。

高校を卒業してからは自分を変えようと、自分にできなさそうなことでも自分に変化をつけられると思い色々なことに取り組んできました。

すると成功はもちろん、数えきれないほどの失敗もあり、その失敗の中には取り返しようもないものもありました。しかしその失敗も自分を次の成功に導いてくれる変化となり次の成功に導いてくれたこともあります。

 

 

で、話は戻って

高校の卒業式の後には陸上部の卒業生を送る会があり、その先輩方は3年間陸上の名門校での生活に打ち込んできた方々ばかりでその際に言った別れの言葉はどれもパワーがあり感動もあり。自分も卒業するときには後輩の心に残ることを言いたいと考えに考えた結果しょうもないことを言って終わる。

 

嬉しいことに部の後輩、特に同じ競技の後輩からはすごく慕われていたので別れというかいつも通り楽しく終わることができたのですが自分はイマイチいいことが言えなかったことが心残りでした。

 

それから4年経ち、高校の頃よりはわずかながらに経験値を積んだ自分は非常に少ないながら人間関係の相談や恋愛相談を受けることがあったのですが、その中で言われるのが

 

『よくわからないけど説得力がある』

 

そういわれた自分は調子に乗ってことあるごとになんかいいことを言って見せようと思うものの考えるほど出てこないもの。

 

そこで思ったのは

 

名言は自然と出てくる

 

という事。

本に乗るような有名人も、考えて考えて絞り出した言葉というよりは何気ない会話の中から自然に出てきた言葉だったり何かを残そうとしたうえで自分の人生を表した言葉だったのではないでしょうか。

 

自然に出てくるという事は自分の人生や経験の上で自分の一部としてこぼれ出るように出てきたという事です。

考えに考えないと出てこないのは名言というよりただのカッコつけた言い回し。

 

あの日あの時、考えても出てこなかった言葉は自分の経験値が足りなかったから。では経験値をためることに必要なことは何か。

 

『現状維持は後退』という言葉の通り何か行動を起こすとそれに経験値が伴う。何もしないというのが一番良くない。

 

成功を語り継ぐように失敗を語り継ぐ。

そういったものが名言なんだなぁとバイト席のトイレの中で思ったのでした。