ガコモカホビーズ!!

社会人1年目の巨漢が贈る、好きなことを好きなように書くブログ

1人暮らし1週間目の心境【書くに足らないこと】

どうも、ねきろむです。

 

広島県福山市という田舎町を飛び出して横浜で一人暮らしを始めて早くも1週間が経過しました。正直後悔してます。

 

ちなみに最初の5日は心配という事で母が家にいました。

その時は一人暮らし自体そこまでしんどいと思ったことは無かったのですが、母がいなくなった後の翌日の夜。

 

すさまじい孤独感と仕事のつまらなさに吐きそうになってます。

 

自分の仕事は接客業です。

実は接客業自体大学4年やってきたのでもういいかな。

と思っていたのですがとりあえず早く就活を終わらせようとした結果関西の大手企業の横浜の店舗の配属を希望したわけです。

 

それがもう間違いでしたね。

そもそも地元にある大企業が関東でも大企業とは限らないわけです。

例にもれずテンポは小さくお客さんの数も多くないです。

 

それでいて社員の数は少ないのでちょっと忙しくなると全員手が離せなくなる始末。そのせいで働き始めて1週間経った今日もロクに指導を受けられていないわけです。

 

GWが終わると暇になるからその時に教える。と言われたのですがそれはつまり店が暇という事。

 

 

 

 

 

あれ

 

 

関東までしてなんでこんな仕事してるんだ?

 

 

と思ってしまったわけです。

 

接客業は地元を離れなくてもできたわけです。

なのにわざわざ家族や親戚と離れてさみしい思いをしながらこんなことをやっているのだろうと。

 

もともと自分が横浜に出てきた理由は、地元で23年生きてみつからなかった夢を大きな町で探したかったからです。正直そんな暇ないですけど。

 

ちなみに自分にも夢が全くないのかというとウソになります。

自分はもともと高校を出た後に役者になるために上京しようと思ってましたが家から大反対されて地元の演劇部がある大学に入りました。

 

結局演劇サークルが小規模すぎたあまり最初の講演でやめてしまった後に、その友人が旗揚げした学生演劇に所属して2公演出演しました。

 

それが何となく楽しかったこと。

あと自分は昔から歌声を周囲から評価されていたので、演技と歌で仕事ができたら普通の人生よりいばらの道でも自分は楽しくやれるだろうと思ってました。

 

じゃあなぜそっちの道に足を向けたなかったのかというと

純粋に自分にそっちの道に適性が無いと知ってしまった後、その後何を目指せばいいのかもっとわからなくなるからです。とてもバカみたいな理由だと思います。

 

自分の生きたい道が絶たれる可能性が怖くて挑めない。

その程度な夢なのかと自分も思います。

 

とはいえ今すぐ踏み出すのはとても危険だと思います。

自分が130kgのTHEデブだという事もその一つ。あと何よりお金がありません。

 

お金がないと養成所に行くこともできません。

お金がないと生活もできません。

 

そう思うと今は働かざるを得ないわけです。

とはいえ面白くない仕事のタメに片道50分も地下鉄に揺られるというのは時間の無駄です。なので今の仕事はそこまで長く続けないと思います。

 

取り合えず1年は続けてみますがその先がある可能性は低いです。

社員は皆いい人です。優しい人ばかりです。

 

ただ自分が職場を適当に選んだがゆえに個人的な迷いの果てに

仕事に対するモチベが底を擦っているいるのです。

 

 

ぶっちゃけ海に面した都会というイメージを持ってましたが人がやたら多いわりに道は狭いし車は運転が荒いせいで今日だけでも何回か轢かれそうになりましたし。

 

なにより街が汚いです。

たばこの吸い殻、鳥の糞、袋や生ごみ

実家に帰るとその綺麗さに涙しそうなほど汚いです。

 

前を向けば人の波

上を向けばビルの山

下を向けばゴミの道

 

横浜の綺麗なイメージってエジプトのピラミッドみたいなもんだったんだなぁと思いました。

 

そんな横浜ではあるものの広島にいたころにはなかった可能性にあふれています。自分が演技の道を目指す入り口も至る所にあります。

 

今から色々調べてはいますがとりあえず2年は貯金しながら生活する必要がありそうです。25歳の自分は店の中でどういうポジションなのかわかりません。

 

正直転勤の可能性は低いと言っておきながら1年目から遭遇した人がいると知ったぐらいなのでまだ何を隠してるか分かったものではありません。

 

1か月も研修でしんどい思いをして1年で辞めるのもなんか嫌だけど転勤を言い渡されるとそれこそ道が経たれてしまうので次の仕事を探す必要性はありそうです。

 

まだまだ考えることがいっぱいあります。

でも時間もお金もない。

 

時間は増えませんがお金は増やせます。

そして時間以上にお金がないと夢に向かう道を歩くことはできません。

 

そのお金を作る手段も嫌々やる仕事では精神が持ちません。

既に精神がちょっと危うい状態なのでこれの対処法はまた考えたいと思います。

 

さて、横浜に来た割にガッカリなスタートではありますが

これからどうなるのでしょうか。

 

本当に仕事が面白くなってくるかもしれないですがなにより自分が接客業にちょっと嫌気がさしてるところなので、店に迷惑をかける前に違う仕事を探すのもひとつの手のような気がします。

 

やっぱ無理してでも東京に住むべきだったかなぁ・・・