ガコモカホビーズ!!

見たもの遊んだものの感想の他、日常のあれこれがテーマのブログ。読者登録してくれると励みになります。

Utulensは写真の楽しさを思い出させてくれるレンズ【レビュー】

どうも、ねきろむです。

 

自分が写真を意識して撮り始めたのは

大学3年目に結婚式場でカメラマンのアルバイトを始めてからのことでした。

 

アルバイトとはいえ撮影の技術を学んでる以上

プライベートで撮影する写真も相応のクオリティが求められているような気がして

 

誰に頼まれたわけでもないのに

誰もが納得するいい写真を撮らなければいけないという意識の元写真を撮ってました。

 

そうこうしてる間にカメラは旅行に行く日以外は持ち歩かなくなってしまい、数ヶ月に1回ぐらいしか写真を撮らなくなりました。

 

写真を好きだけど周りに素材がないとふてくされていた時、同じバイト先の子がオールドレンズを使って撮影してるのを知って自分も探して見ることに。

 

そこで見つけたのが

今回のUtulens(うつれんず)でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

Utulensとは

f:id:nekirom842:20190115024007j:image

販売元はGIZMON。

今人気が再燃しているインスタントカメラ写ルンですのレンズを再利用したオールドレンズです。

 

同シリーズにWtulens(うつれんず)という広角で焦点距離が近くなったレンズもありますが生産が難しいのか。それもとYouTube界のインフルエンサーこと某あの人が宣伝したからなのか、再生産の目処が立っていないぐらいに売れてる商品です。

 

実は最初に見つけた時はUtulensをカートに入れて待機していたのですが

その翌週そのYouTuberが紹介したことで在庫は消滅。完全にタイミング負けです。

 

ちなみにスペックに関しては以下の画像を参考にしてください。

f:id:nekirom842:20190115160104j:image

出典 GIZMON Utulens/ギズモショップ

 

 

 

 

 

 

 

Goodポイント

超軽量&超薄型

このレンズはマウントが金属製、レンズや他がプラスチック製

なのでびっくりするぐらい軽いです。

正直レンズついてるのか不安になる軽さです。

 

その重量は驚異の約46g

(GIZMON HPより)

 

その軽さも相まって薄さも凄まじいです。

f:id:nekirom842:20190115160337j:image

左からEF-S24mm F2.8 STM,Utulens,APS-Cレンズキャップ

 

レンズキャップと遜色ないぐらい薄いです。

 

この重さと薄さのおかげで首から下ろしてても全く負担にならないし、レンズの重さで本体が前に傾いて歩いてる時に暴れることもありません。

 

これのおかげで本当に持ち歩く頻度が増えました。

 

 

 

超安価

自分が購入した当時(2019年1月3日)は

4980円です。

 

正直最初は高いと思いました。

レンズの相場としてではなく、写ルンですが800円ぐらいで買えるのにそのレンズをはめてマウントつけただけでの商品が5000円もするの?

 

そもそもそんな安いレンズ大丈夫?という不安に対するものです。

 

自分と同じようにこのレンズの原価を考えて高いと思う人もいると思います。

 

が、自分が写真の楽しさを取り戻せたという意味においてはあまりに安い出費だったと思います。

 

というか冷静に考えて今現在安いと言われてる撒き餌レンズや中華レンズと比べてもその半額ぐらいでちゃんと使えるレンズが買えるのは安いです。

 

最近一眼を買って次のレンズに困ってる人に勧められる定番は先ほども比較に登場した

EF-S24mm,F2.8 STM

 

APS-Cレンズの中では非常に薄く、安く、良品とされる単焦点レンズです。

 

自分もこれに間違いないと思うのですが、ちょっといきなり2万の出費は怖い。

 

という方にオススメしたいです。

 

 

 

多様なマウント

基本的にはミラーレス対応ですが5種類のマウントに対応しており

 

  • EOSM
  • XF
  • NIKON1
  • NEX E
  • M4/3

 

に対応しています。

最近これに加えてAPS-Cマウントにも対応した模様。

 

自分はEOSkiss Mという昨年の春に発売されたCanonのミラーレスにはめて使ってます。 

 

 

 

一眼写真のハードルが低くなる

自分にとって一番はこれです。

 

自分はこれまで、誰に何を言われたわけではないのに一眼を持ってるからには相応の写真を撮って人の心を動かさないといけない。

 

という謎の使命感の元、なるべくいろんなレンズを持ち歩いていい瞬間をいいレンズで撮りたいと思ってました。

 

が、そう思うと22年間見慣れた家の周りの景色は撮るに足らないものに4年過ごした大学もつまらない風景に見えてきてしまい

 

日常の景色はカメラを持ち歩くほどの価値がない場所になってしまいました。

 

それもこれも自分の中にいい写真を撮らなければいけない。いい写真とは特別な瞬間をベストな状態で残したもの

 

という概念が出来上がりつつあったことが原因だったと思います。

 

 

このUtulensを買う時

 

決して画質のいいレンズではない。

ピントの合わせ方も特殊なので使いにくい。

純正レンズのような写真が撮れる事を期待しない。

 

ということ思いながら購入しました。

 

 

この期待しないというのが自分の中で1つの妥協点になり、自分の中で勝手に上げていたハードルが下げてくれたように感じました。

 

設定は絞り優先のオートモード。

オートモードなんか1年ぐらい使ってませんでしたが、ピントと色以外は全部カメラにお任せすることで景色を前に悩む時間も減りました。

 

なんとなくいいと思った物に対してなるべく最良の状態で残すという意識が薄れたおかげで

設定してる間にその瞬間の感動が薄れていくということがなくなりました。

 

結果変な色の写真、変な明るさの写真が撮れても特に気にならなくなりました。

なぜなら感動の鮮度が高い状態で写真を撮り終えてるので自分にとってその写真は感動した風景の1枚になったからです。

 

あ、これでいいんだな。

 

と気づかされました。

プロでもないのに誰かのために自分が感動を削って誰かがするかもしれない感動のために写真を撮ることがバカみたいに思えてきたその時、自分は自分の感動のために写真を撮ろうと思いました。

 

写真復帰レンズの最適解だったように思えます。

 

 

 

 

 

 

 

Badポイント

慢性的に品薄

さっきも確認してきたのですが、自分が購入するまであったEOSMマウントとNIKONのマウントも売り切れてついに完売状態になってしまいました。

 

インフルエンサーおそるべし。

おそらく再生産はされると思うのですが、自分が購入しようとしたときも

Wtulens Utulensともに品切れ状態でしたが定期的にAmazonページを見ることでなんとか購入することができました(自分は2週間ぐらい1日3回は見てた)。

 

今でもWtulens(広角レンズの方)がいつか買えるようにならないかページを見に行ってます。

 

なおWtulensは写ルンですのレンズを2枚使うので材料が集まりにくいのか

もう1ヶ月ぐらい在庫が復活してません。

 

 

 

ピントの調整が難しい

当然オートフォーカスになんか対応してないのでマニュアル設定になるのですが

ピントの合わせ方が独特です。

 

f:id:nekirom842:20190115163431j:image

 

まずレンズはでかいネジみたいになってます。

これをマウントにつけて使っています。

 

f:id:nekirom842:20190115163524j:image

つけるとこんな感じ。

レンズ部分をひねるとネジを緩める感じでレンズが前に出てきます。

 

f:id:nekirom842:20190115163701j:image

これが最大ぐらいです。

この状態なら1m近づいても撮れます(Wtulensなら0.5m)。

 

が、これ以上伸ばすと

 

f:id:nekirom842:20190115163838j:image

レンズが取れてしまいます。

軽いし小さいので外で落とすと無くし兼ねません。

 

なので一番近い距離で撮ろうと思うなら、レンズが上に来るようにして1回レンズを外して

そこからちょっとだけネジを締めて両手でちゃんと固定すればあと10cmぐらいは近づけます。

 

すごく扱いにくいのですがこのアナログ感が楽しいんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

最後に

最初の方にも行ったようにこのレンズには高い性能などを一切期待せず

このレンズは綺麗な写真を撮るためのものではない。

 

と認知してもらった上で使えば本当に楽しいレンズです。

なんとなく撮影した写真が思わぬ味を生み出したり

失敗した写真にもなんとなく愛着が湧いたり。

 

それこそ初めてデジカメを買った時のような写真を撮る楽しさが感じられました。

 

カメラ買ったけど最近使ってないなぁ

新しいレンズ欲しいけど高いレンズしかないなぁ

これから写真始めたいけどいいレンズないかなぁ

 

そんな方にオススメです。

マニュアル設定といっても今はカメラ自体の性能が素晴らしいので本当に写ルンですの写真よりはるかに綺麗に撮れます。なので本当に写ルンですみたいな写真が撮りたければ素直に写ルンですを買うべきだと思います。

 

あくまで写ルンですっぽい写真が撮れるということで。

(編集でそれっぽくはできます)

 

 

作例

Utulensは室内で使うと普通の単焦点と代わり映えしないように見えますが

自然光が強い場所、晴れた日の外での撮影で真価を発揮します。

 

f:id:nekirom842:20190115165846j:image

f:id:nekirom842:20190115165835j:image

f:id:nekirom842:20190115165851j:image
f:id:nekirom842:20190115165948j:image

ピントも雑でノイズも乗ってますが自分はこれらの写真が気に入ってます。

 

まだいろんな写真を撮ってますし

当然普通のレンズで写真も撮ってますので

気になる方は是非インスタをチェックしてほしいです。

 

 

www.instagram.com

 

 

 

リンク集

 

 

 

 

www.gizmoshop.jp

福男の話とネットリテラシー【書くに足らないこと】

どうも、ねきろむです。

 

福男になった彼の話をしますが、今結構Googleの検索ワードに名前が出やすくなってるので

会えて彼の名前は出しません。

 

ちなみに彼とは高校で同じクラスだった友人で

そんな友人の名前を使って自分のブログのPV数が伸ばしたくない。

 

そんなことしたら今回問題になったツイートを拡散してる

自分の嫌いな情報まとめサイト達とやってることが変わらなくなってしまうので

 

今回の喜ばしい出来事とそれに対するぶつけようのない怒りと悲しみを知って欲しいと思う。

あとこの記事はTwitterにも流しません。

 

流しても欲しくないので万が一流れるようなことがあったら直接お話ししに行きます。

 

この記事を見たら改めて判断してもらって

他の記事に移るなりしてもらえればそれだけで十分です。

 

 

 

 

まずは最初に、福男になった彼。本当おめでとう!

実は彼、高校の友人なんですが非常に気分が悪いというか腹立たしいというか。

 

 

なんか色々思うところはあるのですが穏やかにものを言うのは難しいので声高々に、荒々しく簡潔に申し上げたいと思います。

 

情報の真偽を必要とせず、話題性のために記事を書き上げる弱小まとめサイ各位ト

自身の不幸を捏造して雲隠れするツイッターアカウント

 

心の底から軽蔑するとともに今年一番の不幸が訪れることを心の底からお祈りします。

 

自分がそこまで怒っているのは同じ物書きとしてである以前に個人的な事情もあるのですが

それは自分を知ってる身内にだけ分かってくれればいいです。

 

ネットの世界は難しいもので

匿名性があるからこそ誰もが意見することができ自由な反面

その言葉に対する責任が非常に軽い

 

ここで問題を起こしてもよほどのヘマをしない限り特定されることはありませんし

適当に名前を偽って、時には全く関係ない人に濡れ衣を着せることも可能です。

 

ネットに生きる以上ネットリテラシーは車の免許のように、持ってないと渡り歩く権利すら内容な物なのですが。ツイッターの人たちも自分の友人もネットリテラシーという単語そのものを知らなかったり、知らないことが当然と言わんばかりに振る舞う人もいる状態です。

 

もう全てのパソコンに免許を刺さないと起動しないシステムを導入して欲しいのですが

マスコミやまとめサイトも情報の真偽より話題性なのでそういう部分は他人の話でメシを食う職業の人にとってはむしろありがたい部分なんだと思います。残念でなりません。

 

そんなことを踏まえた上で自分からお願い、お伝えしたいのは

 

嘘情報を拡散したら社会的に死ぬぐらいの気分でネット上の情報を扱って欲しい

今年の福男になった彼は浮気をするような男ではないとここに断言する。

あまりにまっすぐで明るく、誰よりも努力家な彼知ってる知人友人保護者恩師ならわかるはず。

 

違ったら社会的に死んでも構わん。

 

 

 

十三機兵防衛圏プロローグの発売が決まったらしいので色々語ろう【書くに足らないこと】

どうも、ねきろむです。

 

十三機兵防衛圏というタイトルの存在をご存知でしょうか?

3年前のE3でヴァニラウェア✖️アトラスの完全新作として発表されてから

当時のPV以外の情報が全くない上、その後更新された情報は

発売日が2018年内から未定に変わったことぐらい。

 

昨年のゲームイベントも沈黙していた十三機兵ですが今日の昼頃突如沈黙を破りました。

その内容は

 

 

 

十三機兵防衛圏プロローグ3月14日発売!!

 

 

 

 

ん、プロローグ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

十三機兵防衛圏という約束された神ゲー

バイトの休憩時間に発表を知った自分は十三機兵そのものの発売日が決まったもんだと思って車内で声を上げて喜んでました。

 

プロローグの説明に引き継ぎが出来ないと書いてあるってことは調整中の有料体験版ってことなんでしょうか?

 

しかも売り方が独特で、ラインナップは

 

1.Music and Art Clips

f:id:nekirom842:20190110220218j:image

  • オリジナルBOX
  • ビジュアルブック 36ページ
  • オリジナルPS4テーマ&アバター
  • オリジナルミニサウンドトラック
  • 十三機兵防衛圏 プロローグ

 

計5点 2980円(税別)

 

2.デジタルアーカイブス(十三機兵防衛圏プロローグ付き)

f:id:nekirom842:20190110220545j:image

オリジナルPS4テーマ&アバター

十三機兵防衛圏 プロローグ

計2点 980円(税別)

 

※ダウンロード版限定

 

3.オーディンスフィアレイヴスラシル 新価格版 キャンペーンパック

f:id:nekirom842:20190110221014j:image

計2点 3,980円(税別)

 

4.ドラゴンズクラウン・プロ 新価格版 キャンペーンパック

f:id:nekirom842:20190110221021j:image

計2点 3,980円(税別)

 

画像出典 4gamer.net

 

 

どうやらプロローグはグラウンドゼロズのような新作の前日譚というより色んなものにオマケとして付属させて時間と資金稼ぎをしようとしてる感じです。

 

まぁMusic and Art Clips予約したんですが。

 

 

 

どんなゲームなのか

とりあえずPVをどうぞ

 

 


『十三機兵防衛圏 プロローグ』PV


『十三機兵防衛圏』 PV#02

 

2弾のPVを見ると13人の少年少女がロボットに乗って戦う話。シューティング要素がある模様。

といった印象。

 

で、正に記事を書く手を止めてプロローグのPVを見ての印象

 

f:id:nekirom842:20190111001256j:image

0:14

歩道で少女がスカートを翻すと足の一部が光る。このシーンはPV2の冒頭からの続き見たいですね。

 

f:id:nekirom842:20190111001714j:image

0:23

同じ風景の中に突如現れる巨大ロボット

男女いずれも登場できるみたいなので13人全員に共通して存在するロボットの機動コマンド?

 

f:id:nekirom842:20190111001952j:image

0:26

PVで度々登場するホログラム。

会話相手は組織の人間か、それとも政府関係者か。

 

f:id:nekirom842:20190111001911j:image

0:28

人かが無く、荒廃した都市でホログラムを眺める少女 南奈津野(みなみ なつの)。

都市の奥では炎が燃え盛る。

 

f:id:nekirom842:20190111001756j:image

0:30

ホログラムに映し出されていたのは荒廃した都市を徘徊する4本足のクモのような怪物。

敵は地球外生命体か。

 

f:id:nekirom842:20190111002036j:image

0:33

キャラの選択画面。

1人を除いて全員が後ろを向いており、キャラ選択時には振り向いてアクションを起こす。

ヴァニラウェアらしさが伺える絵本のようなタッチが伺えます。

 

 

f:id:nekirom842:20190111003546p:image

0:59

主人公紹介の3枚目。1人一言喋る中で気になるセリフ。

南奈津野「貴方、宇宙人なんでしょ?」

 

敵はやはり宇宙人か。

 

三浦慶太郎「そのために訓練してきた」

 

人類は事前にそれらの到来を察知し、13人。

もしくはその中の何人かを既に訓練していた?

 

f:id:nekirom842:20190111004023p:image

1:09

緒方棯二「さっき殴ってやったろうが・・・」

 

リーゼントが印象的な少年。

このセリフが仲間内での争いのセリフなのか。

それとも敵が異様に硬いのか。

 

郷登蓮也「ネット上の情報は虚構だ」

 

戦線にマスコミが介入できず情報はネット状のもののみ。

それも憶測が飛び交っているのだろうか。

 

f:id:nekirom842:20190111002101j:image

0:35

主人公達の周りに浮かぶ文字の数々。

敵が宇宙人なら人間を相手に推理するようなアクションが必要になるだろうか。

人間も相手にしなければいけない理由とは。

 

f:id:nekirom842:20190111002140j:image

1:15

パッケージのイラスト。

少女の足には緑に光る『START』の文字。

 

 

結局ゲームジャンルも明らかにならないまま、わかったのはvitaが切り離されたことぐらい。

ヴァニラウェアといえばファンタジー世界と横スクロールアクションRPGですが今回は現代的な世界のアドベンチャーという雰囲気を強く感じますね。

 

 

 

 

 

 

ヴァニラウェアという名作の金鉱山

制作会社のヴァニラウェアという会社は実際に排出したソフトは決して多くないもののその全てが名作。

さながらかつてのクインテットのような存在に感じています。

 

その手書きにのようなグラフィックでキャラがや背景繊細に動く

脅威のクオリティには眼を見張るものがあります。

 

特に、今回値下げが決まった『オーディンスフィア』『ドラゴンズクラウン』。

オーディンスフィアPS2からvita、vitaからPS4に移植されており

自分が自分の意思でプラチナトロフィーを取りに行った唯一の作品でもあります。

 

オーディンスフィアレイヴスラシルはヴァニラウェアの最新作。

童話の世界がモチーフになっており、ストーリーも実際に1人の女の子が読む童話のシナリオを追っていく。というもので、攻撃パターンや特性、スキルが全く異なる5人の主人公それぞれの目線で、世界に予言された終焉の日に立ち向かう物語です。

 


『オーディンスフィア レイヴスラシル』 プロモーションムービーVol.01

後に紹介する2作品と比べて戦闘が簡単なのでこれから過去作を遊ぼうと思う方にオススメです。

 

 

 

 

 

ドラゴンズクラウンPS3からvitaへ、vitaからPS4でリマスターされている作品です。

マルチプレイに対応しており作品の雰囲気やシステムやダンジョン&ドラゴンズに似ているところがあります。

 


『ドラゴンズクラウン・プロ』プロモーションムービー#2(2018年2月8日発売)

 

 

 

 

 

販売元が2作品と違う『朧村正

 

こちらはWiiからvitaに移植されています。

 


朧村正 プロモーションビデオ

同じ横スクロールアクションであり、舞台が和の世界ということで3本の刀を切り替えながら戦うのですが、刀で振り方の違うものがあったり、有効な相手が違ったり。

刀には戦闘中に使用すると増減する耐久値があり、それをうまく管理する必要があったり。

 

そして本編の主人公2人以外にDLC4本それぞれの主人公が4人おり

彼らもまたそれぞれ異なるアクションで楽しめる。

 

あと食べ物のグラフィックが凄いです。

これは正直遊んでもらわないと伝わらない。

 

残念ながら現在遊べるハードが全て生産終了になっているので、もし興味がある方はvitaを買うなりして手に入れて欲しいところです。

 

これらの3作品は全てvitaに移植、リマスターされているので購入の際には是非合わせて遊んでもらえたらと思います。

 

vitaは売れ行きが悪くて、現役時代は長くノベル系のゲームが多く作られてます。

何よりPSアーカイブがどこでも遊べるという他のハードのはないメリットがあります。

それに関する記事はこちらから

 

 

 

gacomocahobyys.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

ATLASのアートブックはヤバイ

今回のMusic and Art clipsにもアートブックが付属します。

 

限定版といえばアートブックといったイメージですが

他のメーカーのように厚めの紙の小冊子が付いてくると思ったら大間違いです。

 

ATLASのアートブックはヤバイです

 

具体的に何がやばいのかというと

 

サイズがデカイ

内容が濃い

 

自分が今持ってるATLASのアートブックは

 

世界樹の迷宮Vコレクターズパック

ペルソナ5 20thアニバーサリーエディション

オーディンスフィアレイヴスラシル 予約特典

 

に付属した3冊。

もし中古ゲームコーナーでATLASの初回限定版を見つけたらその大きさに注目してください。

その箱がデカイのはアートブックがデカイからです。

 

しかしデカくても一切不満はなく

B3サイズで広げても見劣りしない繊細で温かみのある背景絵をじっくりと大きな静止画見たい。

と思うのは間違いないからです。

 

実際にオーディンスフィアは童話の世界ということで、

アートブックに印刷された実際の背景画やモンスターからはヴァニラウェア特有の手書きのようなグラフィックからより一層温かみを感じることができます。

 

ちなみに3冊の大きさはこんな感じ。

f:id:nekirom842:20190111165121j:image

 

 

 

世界樹の初回盤アートブックは200ページ越え。ペルソナとアーデンスフィアは同じサイズで世界樹がぶっちぎり。

f:id:nekirom842:20190111165134j:image

発売日に受け取りに行って店員さんに商品間違えてないかと聞き返したのが懐かしい思い出。

 

その内容は作中殆どの設定資料やラフ画。

最初の村からラスダン、ラスボスのイラストまで網羅してます。

それもう売れよというクオリティです。

 

ちなみに世界樹Vは初回特典でサントラが付いてきました。

マジでおかしい。

 

ペルソナ5も登場人物のラフやコンセプトアートなど網羅。

オーディンスフィアに関しては初回購入特典に同じようなものが付いてきました。

キャラの細かい設定や

f:id:nekirom842:20190111165416j:image

背景のデザインや書き下ろしイラストなどが63ページにわたって綴られてます。

 

3冊の中でいちばんのお気に入り

これが初回購入ってのがもう驚き。

 

 

と、言うようにATLASの限定版。

もといアートブック、アートワークのクオリティは異様です。

 

当然自分はMusic and Art clipsを予約済みです。

今後購入するATLASの作品がでて、限定版があれば間違いなく買います。

 

今時サントラがでないゲームも多いし設定資料も一定量熱が冷めてから出るので

発売したその日から世界観を100%堪能出来るのは最高の体験だと思います。

 

今回のアートブックもB3サイズらしく、珍しく横長と言うことでまた凄いクオリティのものが出てきそうですね。

 

 

 

最後に

果たして本編はいつ発売されるのか。

プロローグが出ても本編の発売日は未定のままです。

 

FF15は最初の体験版が出てからが長かったですが、十三機兵防衛圏はどうなんでしょうか。とりあえず直近のプロローグとE3に期待したいところです。

 

そういえばドラゴンズクラウンはまだ未プレイなので、価格改定を機に是非遊んでおきたいと思います。もちろんオーディンスフィアも。 

 

あとヴァニラウェアとは一切関係ないですが

その作品の影響を大きく受けた『The Vargrant』というSteamの作品があります。

こちらは非常に好評を得ているようで、Switchへの国内版での移植も予定されているということでこちらも要チェックです。

 

Steam:The Vagrant

 

 

リンク集

 

atlus-vanillaware.jp

 

 

 

お帰りアルド先生【ゲムログ アナデン】

どうも、ねきろむです。

 

1部の攻略は全てストーリーキャラ(ミーユは最初に仲間になる☆4なので実質ストーリーキャラ)でクリアしてきました。

 

2部からはガチャを引いて増えたら新たな仲間と共に攻略しようと思ってます。

 

 

そこで個人的に気になったのは、レベル上限を迎えた主人公アルドを今後も使うのかどうか。

 

性能的には申し分ないもののガチャキャラの方が優秀だし入れ替えるべきか…

 

 

答えはノー

 

アナザーエデンの主人公はアルド

2部でも主人公はアルドです。

 

 

とはいえ☆4の時のクラスチェンジみたいに外伝のおこぼれであっさりできるものではなく、それなりに時間をかけて作る必要があります。

 

何はともあれストーリーを進めないとクラスチェンジも解放されないので進めます。

 

f:id:nekirom842:20190109181722j:image

ギルドナがアルドなら龍神から力を授かることができるかもしれない。ということで会いに行くことに。

 

f:id:nekirom842:20190109181828j:image

あっさり姿をあらわす龍神

 

f:id:nekirom842:20190109181926j:image

力が欲しければ力で示せということで戦闘。

 

f:id:nekirom842:20190109182006j:image

いや喋るんかい。

 

f:id:nekirom842:20190109182031j:image

ターン経過で足場が崩れるより回復が全く追いつかなくて2コン。アルドが龍神の力を授かります。

 

f:id:nekirom842:20190109182125j:image

猫なんだよ(真顔)

 

f:id:nekirom842:20190109182200j:image

ここのボイスが欲しい

 

 

 

クラスチェンジに必要なドラゴンベアラーの詩節というアイテムが2部のアナダン(適正レベル70)をクリアするか、週120個限定で獲得できるツブラ玉での交換かということで交換することに。

 

1個30個での交換なので週に4個、

10個集めるために3週間もかかりました。

 

とはいえアルドは主人公補正で星5になるために必要なものが一番少ないのでこれでも少ない方。

 

ガチャキャラになると星詠みの書というドロップ1%未満のアイテムが複数個必要になるとか。

 

嘆きと祈りの書はアナダン回してたら宝箱から大量に出てきます。

 

f:id:nekirom842:20190109182225j:image

アルドはこんな感じ。

 

というわけで

 

 

f:id:nekirom842:20190109182831j:image

お帰りアルド先生!

 

アルド先生は自分のレベル上がらないのにアナダンでずっとエックス斬りしてくれたレギュラー3人の恩師です。

 

そしてなんだかんだ進めてなかったキャラの強化クエストも消化。

 

f:id:nekirom842:20190109183105j:image

自分が信じる正義とそれを信じるアルド先生

 

 

f:id:nekirom842:20190109183144j:image

雨乞いの力をもつユナの修行。

え、お前猛毒の巫女じゃないの?

 

f:id:nekirom842:20190109183014j:image

アルド「わいも猫やで」

 

 

f:id:nekirom842:20190109183253j:image

アルド先生の新技は斬撃耐性を下げる斬撃技。4回蓄積ということは続けて使えば80%ダウン?

 

f:id:nekirom842:20190109183409j:image

エックス斬りも火属性2回攻撃に。

ギルドナのアイデンティティも食ったな…

 

準備も整ったところで1.5部の攻略を再開。

まずはノーコンでいけるようにレベル上げかなぁ…

 

 

 

ちなみにASガチャは40連して爆死したので石の数は人並みになりました。

 

今後当分ガチャは控えます…

残量わかりにくい問題の自分なりの答え【書くに足らないこと】

どうも、ねきろむです。

 

前回のbeatsXの記事の追記というかその後気づいたことの話になるので

beatsX本体に関しては前回の記事を読んでいただけたらと思います。

 

f:id:nekirom842:20190108114606j:image

 

beatsXに限らず店先でも何かを買うときは取り合えずバーコードを読み込んで

Amazonアプリで評価を確認するというクセがついてしまっており

beatsXも例に漏れずAmazonレビューやその他レビューブログを色々参考にしてきたのですが、その中でも比較的多かったのが『イヤホンのバッテリー残量がわからない』という意見。

 

え、イヤホンのバッテリーってそんな気にする?

というのが自分の感覚。

 

そもそも自分はバッテリーが切れるまであまり気づかない人なので、これまで使ってきたワイヤレスイヤホンはiPhoneの上部にヘッドホンのマークと一緒に全くあてにならないなってバッテリーの表示がありましたが特に気にしたことはありませんでした。

 

でもまぁ確かにあれば便利だと思うけど音楽聴いてるときってそもそもスマホ取り出さないじゃないですか。

 

そう思って今日もbeatsXを首にぶら下げて大学へ行き、車のスピーカーから出力を移そうとした時

 

f:id:nekirom842:20190108115927p:image

 

表示あるじゃん。

 

f:id:nekirom842:20190108120019p:image

 

音楽を再生してるときのホーム画面の

 

f:id:nekirom842:20190108120046j:image

 

このボタン

コントロールセンターのモバイル通信項目のアイコンに似てるこれを押すと出てくる表示なのですがこれを押すとさっきの出力可能な機器一覧に出るのですが、beatsXのバッテリー残量はきちんと表示されてました。

 

これ多分ほかのイヤホンだとここには表示されないですよね。

車のスピーカーは表示されてないし。

 

やっぱApple製品との相性がいいだけにそういう特殊な待遇もあるんですね。

 

でもやっぱバッテリーの残量を気にすることはないかなぁ…

 

 

 

 

あと、自分で解決できそうな問題として

 

付属のイヤーイピースに適切な大きさがなかったというのをなんとかして行きたいと思います。

 

今付属の中で一番大きいやつをつけているのですが、耳にねじ込んでる感じがあって

長時間使用すると耳が痛くなってきます。

 

かといってこれ以外の大きさは全部歩いてる途中に外れてしまうような大きさなのでほかのイヤーピースを買って補う必要があります。あとフェザーピースという耳の穴の周りにある溝に引っ掛けるようのイヤーピースも欲しいですね。

 

あれがあることで左右がわかりやすくなりますし安定感が増します。

 

充電口のカバーはどうするかなぁ・・・

 

 

憧れの高級ワイヤレスイヤホン beatsX 【レビュー】

どうも、ねきろむです。

 

前回の失敗を経て次買うときは良いイヤホンを買おうと心に決めたのは昨年末の話。

色々比較する記事を書こうと思いましたが要は

 

  • デザイン
  • バッテリー持ちが良い
  • 高音質

 

というところに落ち着くと思うんです。

さらに実物が無い場合はクチコミで聞いた情報だけが頼りになるので調べたところで実際そうなのか確認しようがありません。

 

そこで今回調べ物は簡単に済ませてあとはメーカーへの信頼だけで商品を決めました。

 

と、いうわけで今回はbeatsXのレビューです!

 

f:id:nekirom842:20190103023259j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

商品概要

 

f:id:nekirom842:20190103023323j:image

  • beatsX
  • lighteningケーブル
  • イヤーピース3種
  • 説明書×2
  • ステッカー

 

イヤホンが取り外しにくくて断線しないかちょっと心配でした。

この時点で気になったのは左右どちらにもリモコンらしきものが付いていること。

 

これはデザインなのでしょうか?

 

今日はこの後、地元のお城のライトアップを撮影するつもりだったので急ぎで設定を済ませることに。

f:id:nekirom842:20190103024340j:image

電源を起動するとiPhone上にbeatsXの3Dモデルとペアリングの画面が現れました。

このモデルがずっと回転してるのと妙に精巧なのでちょっと眺めちゃいました。

 

ちなみにbeatsXはAirPods同様にW1チップというAppleが開発したAirPodsとbeats製品の一部にだけ搭載されたチップが搭載されているのでiPhoneに対して何かと恩恵があります。

 

例えば電源を起動してからペアリングまでがものすごく早かったり

他のApple製品に接続を移す際の移動が楽だったり

 

そして何より省エネ性能が素晴らしく、最長使用時間8時間に加えて2分の充電で5時間動かせると言う驚異のスタミナを発揮します。

 

まだW1チップ搭載のオーディオ製品は非常に少ないものの今後の展開に期待したいところです。

 

 

 

 

 

GoodPoint

言うまでもなく高音質

beats製品は初購入ですが本当に素晴らしいですね。

自分自身耳が貧弱なので、ちょっとやそっと音質が良くなったぐらいで実感がわかないのですがこれに関してははっきりわかりました。

 

はっきりと聞こえる中高音とそれを邪魔しないが存在感のある低音。

 

間違いなくこれまで使ったイヤホンとは比べものにならない高音質です。

 

ちなみに自分が普段聴く音楽は

 

  • 好きな男性アーティスト        2割
  • テクノ、ダンスミュージック  2割
  • ゲームや映画のサントラ        6割

 

と行った具合で音域は高音も低音も幅広いながら、ほとんど不満を感じていません。

強いて言うなら低音はもう少し強い方が好み。

 

超余談ですが、自分が新しいイヤホンを買うと必ず最初に聴く曲がクロノクロスの『時の傷痕』です。

特に深い理由はないのですが、いろんな楽器の音がして低音も強く、OPの曲なので長さも短めと言うことで試し聞によく使います。

 

CHRONO CROSS ~時の傷痕~

CHRONO CROSS ~時の傷痕~

 

 

 

ネックバンド部分の長さ

自分が以前使っていたサウンドピーツのイヤホンにも内蔵された磁石をくっつけてネックバンドにすることができたのですが、本体が短いので自分の首だとゆとりが全くなかったのがネックでした(笑うとこ)。

 

対してbeatsXはコントローラーから先がかなり長めなのでかなりゆとりを持って装着することができます。これには賛否両論ありますが自分は好きです。

f:id:nekirom842:20190106185813j:image

 

ただ、このバンドの長さデザインの好き嫌いを生むような感じもしておりその辺に関してはまた後ほど。

 

 

 

バッテリーの持ち

自分が使ってきたワイヤレスイヤホンは、いずれも充電を忘れると1時間足らずでバッテリーが切れて充電。充電しておいても1回は充電することになるのですが今のところ開封直後に身充電で4時間使用、翌日満充電から5時間ほど使用しましたが充電が切れる。気になったことは1度もありません。

 

流石は、最長8時間使用可能のW1チップ。

 

 

 

急速充電

今のところ外で実感したことはありませんが、8時間も容量があるのに30分ぐらいで満充電になるのは急速充電の恩恵だと思いました。

 

 

 

意外と優れてる遮音性

自分が新しいイヤホンを買う上でノイズキャンセリングを意識するか否かと言うところはかなり重要なポイントですが、自分が調べたブログの数々ではノイズキャンセリング対応という風に書かれているサイトもあり。beatsXに落ち着いた理由もノイズキャンセリングが本当についているなら。

 

ということでした、が。

 

実際beatsXにノイズキャンセリングは付いていません。

 

厳密にはノイズアソレーションという物に対応しています。

その辺の違いについてはbeatsがHPで解説しており、簡略化すると

 

ノイズアイソレーションイヤーピースの素材で雑音を遮断する機能

ノイズキャンセリングイヤホンが雑音に対応して周波数を出して雑音を打ち消す機能

 

前者は物理的に遮断するので電力を必要としないものの完全には遮断できない

後者はは電子的に遮断するので電力が必要になるがほぼ完全に遮断できる

 

と行った違いがあります。

ちなみにアソレーション自体大きな音は遮断しきれないことが多々あるものの、音楽をかけ始めたら小さい音はほぼ遮断できてると思います。

 

 

 

充電がLightning

 iPhoneを使ってる人にしか伝わらないありがたさだと思いますが、2種類のケーブルを持ち歩かなくて良くなったのは非常にありがたいところ。

 

さらに同梱してるLightningケーブルが50cmと短くカバンの中で邪魔にならないのも嬉しいところ。

beatsのロゴが入ったLightningケーブルもこの製品でしか入手できないレアものです。

 

 

 

 

 

BadPoint

充電口がむき出し

ノイズキャンセリングに意識を向けすぎていたので防水性能が完全におざなりになっていたので少し心配でしたが、防水性能においては何かと致命的なポイントがあり、その中でも特に危険に感じたのが充電口です。

 

f:id:nekirom842:20190106185855j:image

 

自分がこれまで使ったワイヤレスイヤホンはどれも充電口にゴム製の蓋が付属していたのでジムで使ったり雨の日で多少濡れても安心だったのですが、恐ろしいことにbeatsXは充電口が剥き出しでした。

 

何が恐ろしいってこうなってることでジムは当然、汗をかきやすい夏場の使用も警戒する必要があることです。

 

これが原因で使う場面が他のイヤホンより狭まっているように思えました。

 

 

 

左右がわかりにくい

物凄い小さい文字で表記はあるのですが、説明書にも書いていないので非常にわかりにくいです。

ウィングチップという耳の溝に引っ掛けるシリコンのチップ(別売り)を買えばかなりわかりやすくなると思うのですが、正直最初から付けといて欲しかった。

 

デザイン性を意識しての極小表記ならもう少し気にするところもあったと思う。

 

 

 

電源ボタンがわかりにくい

リモコン部分のボタンはわかりやすいながら安っぽくない上品なクリック感ですごく好みなのですが、電源ボタンは位置がすごく後ろにあることと

f:id:nekirom842:20190106185918j:image

クリック感がものすごく弱い上起動音が無いので、毎回装着後に起動できてるか心配になります。

f:id:nekirom842:20190106185937j:image

ボタン自体もすごく薄い

 

 

 

ネックバンド部分が余る

実際に音楽を聴いている時の状態なのですが、リモコンとイヤホン部分の間が長いため装着すると余ったケーブルの様子がめちゃくちゃダサいです。

f:id:nekirom842:20190106190046j:image

写真だとそうでも無いかもしれませんが実物はもっと横に広がってます。

 

正直おばあちゃんが眼鏡に紐付けた状態でかけてるあの状態にしか見えません。

こうなるならネックバンドにした時に見栄えよりも、イヤホンとして使う時の見栄えを意識して欲しかった。

 

 

 

楽器アプリと相性が悪い

音楽はもちろん、動画アプリで遅延を感じることは全く無いものの

GarageBandKORG Gatgetなど大手を含め楽器アプリで使用すると1秒未満の遅延が発生しました。

 

beatsXで作曲は無理だと思います。

設定の問題なのでしょうか・・・

 

 

 

 

 

総評

 

音質は凄くいい

バッテリー持ちも最高

デザインはやや残念

遮音性はアナログだがなかなか

 

価格に対して良質だと思うが細かい残念さが垣間見える。

とはいえ自分がこれまで買ったイヤホンの中ではベスト。

 

でも意外と感動は少なかった。

 

 

 

 

 

 

前回の失敗についてはこちら

 

gacomocahobyys.hatenablog.com

 

これがないと死ねる ハナノア【レビュー】

どうも、ねきろむです。

 

1ヶ月ぶり2回目の風邪をひいて家族から口を揃えて「またか」と嘆かれております。

今回は風邪でダウン気味なのでそれに因んだハナノアという商品の紹介です。

 

f:id:nekirom842:20190108133755j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

商品概要

 

f:id:nekirom842:20190105131349j:image

出典 Amazon購入ページ

 

花粉症対策の商品とのことですが、自分がこれを買ったのは前回の風邪の引き始めの時でした。

 

専用の容器と350mlの液体が1000円と結構い良いお値段ですが、基本鼻呼吸しかしないような自分にとって鼻が使えないのは本当にしんどいので藁にもすがる思いで購入しました。

 

特に風邪の予兆が突然現れた朝とか最高ですね。

 

 

 

 

 

Goodポイント

 

鼻に入れても痛くない

 

鼻うがい自体ご存知の方がどれぐらいいるのかわかりませんが、成分的には食塩水です。

 

実際に食塩から作る方法もあるようですが作り方や分量をも違えると合併症を起こす可能性があるということで基本的にやらないようにしています。

 

鼻に入れても痛くない理由は、食塩水ではあるもののその成分が人間の体液に近いもので構成されているというのが公式の回答みたいです。

  

 

 

扱いが楽

本来入れる場所ではない鼻の穴に液体を流し込むわけですから初めて使うときには結構な不安があると思います。

 

自分自身初めての鼻うがいは近所で有名な耳鼻科で中学生ぐらいの時にやってもらったのが最初でした。トリガーを引くと食塩水が出てくる仕組みで、自分でタイミングが決められないので息継ぎをするまもなくただただ鼻から入れられるだけで今でも割と怖いです(笑)

 

それに比べるとこの商品は、容器の蓋を外して液体を目盛りまで入れて蓋をしたらケースを潰して水を押し出すだけ。

 

コツは鼻の穴に対してまっすぐ刺して、あまり弱気にならずやや強めに入れること。

 

あまり勢いよく入れると耳に流れ込んで中耳炎になるので気をつけましょう。

 

 

 

爽快ミント

自分で作るよりハナノアのほうがいい1番の理由はこれです。

 

ただ洗い流すだけじゃなくて流した後にミントの香りが残るので

その後の深呼吸がすごく気持ちいいんです。

 

自分鼻が詰まると決まってミンティアを買うのですがアレよりも確実に鼻通って爽快感が突き抜けるのはハナノアならではの良さです。

 

 

 

 

 

Badポイント

 

 

 

割高

1回あたりの使用目安が大体50mlなのに対し、詰め替え用の最大容量は500ml。

自分の場合朝に1回と調子が悪い時は風呂に入りながら1回使います。

 

そうなると1日で100ml消費する計算なのですが500mlの価格が

 

Amazonだと634円

店頭販売だと864円

 

人によってはシーズン内毎週買うことになるにしても結構なお値段です。

1ヶ月分買えばマルチビタミンのサプリ3ヶ月分ぐらい買えます。

 

効果は確かではあるものの消耗頻度の高いものにしてはかなり良いお値段です。

 

 

 

衛生上の心配

鼻に差し込んで使うものなので風邪のシーズンなんかは特に定期的に煮沸消毒でもしないと

衛生面で非常に心配です。

 

ちなみに容器の素材はプラスチックなのでシリコンよりは衛生的。

使い終わった後液が残りがちなので風邪の際の使用は使い終わったら簡単にでも消毒しときましょう。

 

 

 

 

 

 

総評

割高であるものの効果は確かななのでどうしようもなくて我慢できない時の処方にするのがオススメです。(自分は風邪の引きはじめにしか買わない)

 

最初に注意したように、息が通らないレベルで鼻が詰まってると効果がないので

あくまでも鼻水は出るけど収まりが悪い。

 

という時に使うのがオススメです。

 

ハナノア 痛くない鼻うがい (鼻洗浄器具+専用洗浄液300ml)

ハナノア 痛くない鼻うがい (鼻洗浄器具+専用洗浄液300ml)